紫外線対策


紫外線はお肌にとって身近な存在であり、大敵でもあります。

日々の紫外線対策を怠ったがために将来の肌に悪影響が…なんて可能性も大です。

紫外線を全く浴びないのも体にとって良くないのですが、長時間浴び続けるというのは肌に大きなダメージを与えてしまう事になります。

でも、どうすれば紫外線を控えながら生活できるのか?

外に出たら紫外線をどうしても浴びてしまうのではないか?

そんな疑問を抱えている人も多いです。

かといって、室内にいるときにでも窓越しに紫外線を浴びる可能性があります。

大事なのは「常に紫外線対策をしておく」という事です。

では、紫外線対策とはどのようなものがあるのかを紹介します。

  • 日焼け止めを塗る
  • 日傘をさす
  • 長袖の服を着る
  • 長ズボンを履く
  • 帽子をかぶる
  • サングラスをかける

上記の中で一番大事なのは、やはり日焼け止めを塗るという事です。

特に顔は日焼け止め以外のもので完全に紫外線をカットするのは難しいのです。

なので、顔全体にまんべんなく日焼け止めクリームを塗り、紫外線を予防するのが好ましいです。

ただ、日焼け止めもただ塗れば良いというわけではありません。

汗で流れてしまいやすい季節には、2時間おきに塗るのがオススメ。

また、2層になっているタイプの日焼け止めは使用前にしっかりと振ってくださいね。

塗る際には広げながら円をかくような感じで塗ります。

というよりも”馴染ませる”という感覚で塗ってくださいね。