たるみの原因と対処方法


顔のたるみが気になる、肌にハリが無い…などで悩んではいませんか?

顔のたるみは老化の現れです。

仕方のない事だと諦めている人も多いかもしれませんが、実は原因を知り対処することによってたるみを改善・予防することが可能です。

ではまず、たるみの原因をいくつか紹介します。


たるみの原因とは

  • コラーゲンが不足してしまっている
  • 表情筋の力が低下している
  • 肌が乾燥状態にある
  • ストレスなどが原因で老廃物が滞っている
  • 浮腫んだ状態を放置している

上記のような原因が重なり、たるみが進行している事が多いです。

ところで、顔のたるみと言ってもいくつかの部位に別れます。

  • 瞼のたるみ
  • 目の下の部分のたるみ
  • 頬のたるみ
  • フェイスラインのたるみ
  • 首のたるみ

思い当る部位はありましたか?

それぞれの部位によって行う「たるみ後のケア」は違いますが、たるみ全体を予防する「たるむ前のケア」は同じという事を覚えておいてくださいね。

つまり、今たるんでいない部位にまで手をかけてあげないと将来後悔することになる…という事です。

年齢を重ねればどうしても重力の働きにより、肌はたるみやすくなってしまいます。

そのためにも今のうちからしっかりと手をかけてあげないといけないのです。


たるみの対処方法

将来、自分の顔がたるんでしまわないようにしたい…

では、どのような対処方法が必要になるのでしょうか?

まずは顔のたるみの原因を今一度見返してみてください。

それを参考に、対処の方法を考えてみましょう。

コラーゲンが不足してしまっている
サプリメントや食材からコラーゲンを摂取する。
コラーゲンを破壊してしまう「紫外線」をなるべく回避しながら生活する。
表情筋の力が低下している
よく笑う事を意識する。笑った顔が1番筋肉を使うようになるので、怒るよりは笑う事を意識。
できれば顔の体操も1日1回は行うと良い。
肌が乾燥状態にある
しっかりと保湿する。特に冬場は乾燥が激しくなるので基礎スキンケアはしっかりと行う。
また、紫外線によって乾燥が促されてしまう事も多いので要注意。
ストレスなどが原因で老廃物が滞っている
ストレスが溜まったと思ったら、とにかく発散する。
アロマオイルでマッサージするというのも老廃物を流すためには必要。
浮腫んだ状態を放置している
マッサージなどでリンパの流れを良くする。
お風呂などで血行が良くなっている際に行うと効果UP。

特に顔がふっくらしている、下膨れているという人は要注意!

手入れをしないまま年齢を重ねていってしまうと、どんどん顔がたるんで、全体的に四角くなってしまうかもしれません。

そうならないためにも対処方法を実行していきましょうね。