しみ・くすみの原因と対処方法


年齢を重ねていると、どうしても顔に、しみ・くすみといった状態が現れてしまいます。

ケアを充分に行っていたとしても、しみやくすみが出来てしまう事もあります。

肌の老化が原因で新陳代謝が悪くなり、角質がそのまま残ってしまう状態になりやすくなります。

そうなることでしみやくすみが出来てしまいます。

では、その他のしみ・くすみの原因を紹介します。


しみ・くすみの原因

内臓が悪くなっている
内臓と呼ばれるいくつかの機関に問題があると、しみ・くすみができやすくなります。
頬の外側や鼻筋にしみが出来たら、内臓のトラブルの可能性が高いです。
刺激を与えすぎている
ニキビを潰したり、何回もかさぶたを剥いだりしているとその部分がしみやくすみになってしまうという事もあります。ナイロン製のタオルでゴシゴシ擦るのも控えるようにしましょう。
ストレスが溜まっている
肌に大きな影響を与えやすいのがストレスです。
額の真中にしみができたら、ストレスが溜まっている証拠かもしれません。
紫外線
避けているようで、完全には避けきれていないのが紫外線です。
シミができる一番の原因は紫外線だとも言われています。
日焼けした後にしみ・くすみが出来やすくなってしまうのは、肌が紫外線によるダメージをできるだけ受けないようにする事によって黒くなってしまうのです。紫外線によって体全体にしみ・くすみが出来てしまう人もいるので要注意です。

しみ・くすみを対処するにはどうしたらいいのか…

しみ・くすみを対処するにはどうしたらいいのか…

悩んでいるだけでは年齢を重ねるごとに、しみ・くすみがどんどん増えていってしまいます。

今のうちから対処をしておけば将来のしみ・くすみを予防する事もできます。

また、今できてしまっているシミも薄くしたり消し去ってしまう事も可能なのです。

では、気をつけるべき点をいくつか紹介します。

紫外線対策はしっかりと
しみ・くすみの一番の原因とも言われている紫外線を、徹底的にカットするという事が大事です。
外へ出るとき以外にも日焼け止めクリームをつける。
帽子、長袖の服、長ズボン、日傘を使うなどといった方法もオススメです。
サプリメントを飲む
しみ・くすみ対策のサプリメントとしてイソフラボンビタミンC,EコエンザイムQ10などがあります。
積極的に飲むことによってしみ・くすみを薄くしたり予防したりする事ができます。
個人的にはチョコラBBシリーズのサプリメントがオススメです。
保湿をしっかりする
肌が乾燥状態にあると、紫外線などのダメージを受けやすくなってしまいます。
肌のバリア機能を高めるという意味でも、スキンケアによる保湿はしっかりと行いましょう。
外側からの保湿だけではなく、水分補給をしっかりして内側からも保湿すると更に効果が高まります。