20代よりも重要な保湿ケア


20代は肌が回復するという能力がまだ備わっています。

なので、アンチエイジング化粧品などを使用することはないですし、使用したことでかえって刺激が強すぎてしまう…という事にもなります。

20代のお手入れに比べ、30代のお手入れは更に保湿を重視したものにしなければいけません。

何故かというと、25歳からコラーゲンが減っていってしまうからです。

厳密に言うと25歳から保湿重視のスキンケアを始めておくのが良いです。

30代になると、20代の頃に使用していた化粧水・美容液の浸透が悪くなってしまう事が多いです。

肌の角質層部分まで成分が届くような化粧品を使う事が大事です。

30歳からは、コラーゲンに加えて”ヒアルロン酸”という成分もオススメです。

ヒアルロン酸は肌にもともと備わっている成分なのですが、何もしないで過ごしていると紫外線などで破壊されて減少していくものなのです。

ヒアルロン酸を補うには、ヒアルロン酸が配合されたフェイスパックがオススメですよ!

洗顔して化粧水でキメを整えたあとに、フェイスパックをします。

指定の時間の間パックをして、それが終わったら美容液でフェイスパックの成分を閉じ込めます。

私も経験済みです。

翌日の肌のハリに驚くはずですよ!